B型肝炎で訴訟を行う人の数

中には症状が出ない事もあり、B型肝炎になっている事に対して気がついていない人もいる様ですね。

B型肝炎の中でも小さい時の予防接種が原因の場合には、訴訟を行い無事に認められると、給付金を受け取る事ができます。

推定では、B型肝炎で訴訟を行う事ができる人は全国にたくさんいると考えられていますが、実際に訴訟を起こし和解となった人の数は多くはないそうです。もしかすると、自分もその中の一人なのではないかと思った場合には、弁護士などに相談して給付金を受け取れる様に手続きを進めるといいでしょう。

基本合意が成立してからまだ数年程度しか過ぎていませんので、該当しているにも関わらず知らない家族がいれば教えてあげたいですね。

B型肝炎給付金を受け取るために

一般の人にはあまり関わりのない様にも思えますが、実は以前、集団での予防接種において、注射器が連続使用されたことから、B型肝炎になってしまった人達がいるようです。この事は未だに知らない人もいて、通常の病として過ごしている人もいるようです。

しかしながら、注射器の管理が行き届いていなかったためのトラブルとなり、時代が経過した現代においてもB型肝炎に苦しむ人達がいます。その人たちにおいてはB型肝炎訴訟を起こすことができますので、国を相手取り給付金を受け取ることが可能になります。深刻な事態かと思いますが、その様な対応も可能になりますので、しっかりと対応をしていく様にしましょう。

B型肝炎に感染している場合給付金がもらえる場合があります

B型肝炎への感染の有無は、B型肝炎ウイルス(HBV)の抗体が血液中にあるかないかで調べることができます。

現在では、予防接種の注射針を使い回す事はありませんが、以前は国が集団予防接種を実施していて、その際に感染してしまった事例があります。また、その被害を受けた母親や父親からの2次感染もあります。

このように国の集団予防接種によって罹患してしまった方を救済するために、B型肝炎給付金制度があります。

B型肝炎給付を受けるために、まずは血液検査を受ける必要があります。また、必要な書類を揃えなければなりません。その辺りは、相談にのってくれる弁護士がいるので、是非大阪の法律事務所に相談して下さい。

B型肝炎訴訟を起こすには弁護士に相談をしてください

お母さんがB型肝炎ウイルスに感染していて、出産の時に産道出血を伴うことで新生児に感染した母子感染、予防接種を幼少期に受けたときに、注射器を使いまわしにしたことによって、感染したしまった方などは、国に対して損害賠償を求める裁判を起こすことができます。それをB型肝炎訴訟といいます。

訴訟を起こすには、弁護士に相談をして、持続感染をしている事を証明しなくてはいけません。証拠書類となるのは、カルテや母子手帳などです。これらの証拠を集めるたら、裁判を起こすことができて、約1年程度で給付金を受給することができます。

B型肝炎給付金の額は、人それぞれで大きく異なります。

訴訟について詳しい弁護士とB型肝炎給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。