日常の中にあるB型肝炎の原因

もしかするとB型肝炎の人が自分の周囲にいた場合に、その人と同じカミソリや歯ブラシなど、同じ物を使いまわすと、B型肝炎に感染する原因になってしまう事も考えられます。

B型肝炎の原因は昔の医療だけではありません。血液や唾液が原因となる事もありますので、これらの物は自分専用の物を常に使用する様にしたいですね。

また、他の人の血液や唾液などに触れたりしない様に気を付けたいですね。

手袋をきちんとしたり、しっかりと消毒するなど感染には注意しましょう。家族であれば、状況を把握している事が多いですが、外出すると分かりませんので、念のために衛生面に気を配る様にしたいですね。

B型肝炎の訴訟を起こす

関わりのない人にとっては興味のない問題かも知れませんが、これまでの集団予防接種で、注射器が使い回されたことが原因となり、B型肝炎になってしまった人は多くいます。この事は非常に大きな問題となっていて、国を相手にB型肝炎訴訟が起こされています。

証拠とする書類などを提出することで、認められることとなりますが、そのことによってB型肝炎給付金を受け取ることが可能になります。

さまざまな人が発症している可能性がありますので、こころあたりがある人は一度調べることが必要でしょう。大阪や神戸などの弁護士が相談にのってくれますので、頼ることができるでしょう。

B型肝炎の症状が悪化したら追加給付金を受け取ることが可能です

B型肝炎給付金は、病状によって受け取り額が異なっています。発症からの経過年数が短く、病状が重いほど、金額も大きくなっていきます。しかし、病気は必ずしも回復に向かう訳ではありません。もし受給済みの方の病状が悪化してしまった場合は、どうなるのでしょうか?

例えば、無症候性キャリアの方が、肝がんになってしまった場合、その差額は3,550万円にもなってしまいます。このような場合、病状悪化から3年以内であれば、追加給付金の請求によって差額を受け取ることが可能です。

国に対して再訴訟を行う必要がありますので、弁護士事務所に相談をしましょう。

B型肝炎訴訟は勝訴のハードルが低い

高額の給付金を受け取れるB型肝炎訴訟は、勝訴するためのハードルが低い訴訟です。

国を相手に提訴を行い、集団予防接種によってB型肝炎に感染したことが証明できれば、給付金が受給できます。証明のための必要資料は決められており、資料さえ集められれば、提訴した時点で勝訴はほぼ確実と言えます。

もし必要資料が集められなくても、腕利きの弁護士に依頼すれば、必要条件を満たした代替資料を用意してくれる可能性があります。提訴のための資料や、必要条件に関しては、弁護士事務所に相談すればわかります。気軽に相談してみると良いでしょう。

訴訟について詳しい弁護士とB型肝炎給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。