B型肝炎の原因と予防接種の回数について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスが体内に侵入することが原因で、肝臓に炎症を起こす病気です。ウイルスは、ウイルス保有者とのキスや性行為などによって、ウイルスが体内に侵入することによって起こります。

かつては注射器や輸血によって感染するケースが多かったものの、現在では規制が厳しくなったためこのようなケースはなくなりました。さて、あまり知られていないものの、B型肝炎には「予防接種」が存在します。これは赤ちゃんが受ける予防接種の一種で、生まれてからすぐに接種させることができます。接種する回数は合計3回で、それぞれ間隔を空けて行います。

B型肝炎訴訟における給付金請求について

日本では、昭和23年以降に全ての国民および住民が予防接種法等によって幼少期に集団予防接種を義務付けられていました。しかし、この際の注射器の連続使用によって40万人以上の国民と住民がB型肝炎ウイルスに罹患しました。

これによる被害者は、国の法的責任にもとづき損害賠償請求を求め訴訟を起こしました。

B型肝炎訴訟には、専門家の力が不可欠と言えます。もし給付金を請求したいと考えるのであれば、弁護士に依頼するのが一番良い方法になることでしょう。

しかし、給付金請求を成功させるためにも弁護士は慎重に選びましょう。

B型肝炎給付金の受け取るには

幼少期においての集団予防の摂取が原因となり、B型肝炎に感染してしまった人が多くいます。推定されている人数については、40万人以上にもなるとされています。このような事態において、厚生労働省は予防接種の基準を見直すようになりました。

また、予防接種が原因となってB型肝炎が発症してしまった人に対して、B型肝炎給付金を支払うようになりました。

このB型肝炎の給付金の受け取りに関しては、国に対しての訴訟を起こすことで、和解が認められB型肝炎給付金が支払われる流れになります。B型肝炎の給付金が無事に受け取れるように弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する

B型肝炎訴訟をおこなうにあたっては、多くの書類を用意したり作成をおこなう必要があります。訴訟をおこすにあたっては、自分だけでおこなっていくこともできますが、さまざまな事態が予想されますので、できる限りは弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士においてはB型肝炎を専門にする人たちもいますので、十分に頼りにすることができる存在でしょう。はじめてのことが多く、戸惑うことや心配なこともあると思いますが、法律家のサポートを得ることで解決をおこなうことができるでしょう。

無事に給付金が受け取れると治療をするにも助かるものとなるでしょう。

原因を知るB型肝炎訴訟と給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。