輸血が原因となる事もあるB型肝炎

手術を行う際には、輸血が必要になる事もあります。

しかし、以前は輸血が原因となり、B型肝炎になってしまう人もいました。この様な事がこれ以上、発生しない様にするために、献血で集めた血液はスクリーニング検査と呼ばれる検査を行ってから使用される様になりました。

この様に医療が原因でB型肝炎に感染した人もおり、その中でも集団予防接種が直接のB型肝炎になる原因の場合には、国が被害者の救済を行っています。

現在では、医療の現場における衛生面などについて気を使っている医師や看護師は多いでしょう。そして、これからもこの様な事が発生する事がなく、患者が安全に医療を受けられる様に環境は良くなる事でしょう。

B型肝炎給付金をもらった人はどれくらいいるの?

今までにB型肝炎給付金を受け取った人はどれくらいいるのでしょうか?意外と多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

実はかなり少なく対象になっている人のうち2割程度しか受け取っていないと言われています。それもあってもともと申請期間は2017年の1月12日までだったのですが2022年の1月12日まで延期になっています。それくらい実際に求める人が少なかったのでしょう。

なぜそんなに申請する人が少ないのかと言いますと実は給付金をもらうためには訴訟を起こさなければなりません。そのためにそこまでして・・・という人が多いようです。

B型肝炎の給付金は受給資格の範囲が広い

あまり周知されていないのですが、B型肝炎には国から給付金が出ています。基本的な受給対象者は、注射器を使い回した集団予防接種により集団感染した方となります。また、集団感染による一次感染者から、母子感染、父子感染された、二次感染者の方も受給対象者となります。

さらに、二次感染者からの母子感染、父子感染された、三次感染者の方も受給対象です。そして最後に、これらの感染者の方がお亡くなりになられた場合、感染者のご家族の方も受給対象となるのです。以上のように、B型肝炎給付金は受給資格の範囲が広いという特徴があります。

B型肝炎訴訟の実情について

B型肝炎を発症している人については、日本全国においても推測で150万人とされています。また、その150万人のなかでも、過去の集団予防接種においての注射器を使いまわしたことが原因となった患者については、40万人ほどいることが言われています。

このような注射器が使いまわしたことが原因で、B型肝炎の感染が広まったことを国側はしっかりと責任を認めました。そしてB型肝炎給付金の支払いがされることとなっています。

B型肝炎給付金の受け取りに関しては、はじめにB型肝炎訴訟をおこなわなければいけません。時間もかかることですので、そのことも踏まえB型肝炎訴訟を起こしましょう。

原因を知るB型肝炎訴訟と給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。